虫歯にならないための歯磨き法


よく噛む子は頭がよくなる、なんて言われたり、食べ物をよく噛むと、
脳が活性化され、ボケ防止にも効果があると言われています。

しかし、歯が無かったり歯が病んでいたら、好物の食べ物も
元気に噛む事は出来ません。

ある調査によると、歯がたくさん残っているお年寄りにはとても
元気な方が多いことがわかりました。


では、むし歯や歯周病にならない丈夫な歯を維持するためには
どうしたらよいのでしょうか?

スポンサードリンク


元気に噛む事の出来る歯を保つ為にまず第一に「歯磨き」が
あります。

今の時代、歯を磨かない人なんて、ほとんどいないでしょう。
でも、国民の9割以上の人がむし歯や歯周病に
かかっているのが現状です。

ということは、歯みがきは重要な予防法のひとつですが、
歯みがきだけではむし歯や歯周病の予防が完全ではない
ことになります。

ではどのようにしてむし歯ができるのかご存知ですか?

糖分の含まれたものを食べると口中のむし歯菌が
糖を分解して酸を作ります。その酸が歯の表面を溶かし、
むし歯菌が歯の中に侵入して破壊を進めていくのです。

そして糖分というのは砂糖はもちろんですが、果物の中に含まれる
果糖なども含まれます。

調理・加工されたものにも砂糖が使われています。
甘いものが好きで、また甘いものに限らず食べる回数・量が多いと
口の中が常に酸性となり、歯が溶けやすい状態となっています。

食べ物の好みや間食の回数・量などの生活習慣は、むし歯の発生と
大きく関係しているのです。

また食事後数十分以内に口の中が酸性となり、歯垢ができ始めます。

それで、歯みがきをいつ、どのくらいの時間をかけて行うか
ということが大切な要素となってきます。

歯磨きの技術も関係してきます。磨くということと磨けている
ということは違います。
歯垢はかなりの粘着力があるもので歯ブラシが少々あたっただけでは
取りきれません。
どのような場所が汚れやすいかを理解しなくてはなりません。

またそうした歯みがきをまったく自己流でやっているか、
定期的にプロの歯科医院の先生の指導のもとに、歯みがきチェックを
受けたり、ブラッシング法を教えてもらったりしているか、さらに歯の
クリーニングやフッ素塗布などを受けているかによっても
むし歯の発生状況は大きく左右されます。

歯周病に関しては、食生活・タバコ・ストレス・栄養の偏り・
遺伝・肥満・過度の飲酒・糖尿病などが歯周病と
密接な関係があります。

特に喫煙や糖尿病は歯周病の重大な危険因子です。

小学生では歯周病の初期の症状として歯肉炎が発生しますが、
この時期に歯周病をよく理解し、ブラッシングの重要性、
生活習慣の改善などに努めることが大いに必要となります。

スポンサードリンク


posted by 歯が健康、歯がきれい at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
EC-Cube 操作方法
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。