プラークコントロールしよう


プラークとは歯垢のことです。
直訳すれば歯垢のコントロール(調整)という意味になりますね。

歯の表面をつめでこすると、白いものがおきてきます。
これは歯垢です。
歯垢は食べかすだと思いがちですが、実は細菌とその細菌がだした
排出物のかたまりなのです。
プラーク(1mg)の中には2〜3億匹ほどの細菌がひしめいていると
いうことです。
腸の中でも細菌が共存しているのと同じで、口の中にも粘膜や
唾液の中にも約400種類の細菌が暮らしています。

歯垢はとても粘着性があるため、細菌にとっては好条件の
すみかです。

そこには、むし歯や歯周病の原因となる菌も一緒に住み込み、
虫歯菌が作る酸でむし歯になり、歯周病菌が作る毒素や酵素で
歯周病が引き起こされることになります。

普通にはプラークを完全にとらなくても唾液の力や免疫力によって、
むし歯や歯周病を抑える力が働いています。
そこで、むし歯や歯周病が発症しないぐらい少ない量に歯垢を

コントロールしようと考えるわけです。

スポンサードリンク


歯垢はうがいをするくらいでは取り除くことはできません。
機械的にプラークをこすりとる必要があります。

一般的に、歯ブラシのほかに
フロスや糸ようじ、歯間ブラシといった歯間清掃用具を
使用してもおおかたの歯垢を取り除くことは困難です。

ましてや毎日毎日の歯垢を除去するのは、ふつうの方にとっては
かなりの努力になります。

歯磨き粉をつけて口をあわだらけにしながら磨く
「歯磨き」ではなくて、歯ブラシの毛先を1歯ずつ丁寧にあてがい、
ブラッシング方法と歯間清掃用具を効果的に使って、
特におやすみ前には手鏡などで確認しながら小まめに磨くのが、私達が
実践出来る範囲のプラークコントロール法です。


先日私、管理人も前歯が折れてしまい歯医者さんに行きました。
前歯に仮歯を入れていただいて、とりあえず綺麗にしていただきました。
ついでに歯のクリーニングということで、歯垢も除去して
下さいました。

最後に歯磨きの講習もして下さって、
歯ブラシは、歯茎と歯の間に当てて1歯ずつ丁寧に細かく
磨くようにと、指導を受けました。

定期的に歯医者さんで診断を受けて、残っている歯垢を
取ってもらうといいですね。

スポンサードリンク


posted by 歯が健康、歯がきれい at | 歯のケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
EC-Cube 操作方法
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。