妊娠中の歯科治療は安定期に...


妊娠中の歯科治療にはいくつか気をつけなければならない
点があります。

治療時期については原則的に妊娠中に一般的な歯科治療を
行なってはいけないという時期はありません。
 
比較的症状も少なく安定期とされる妊娠中期(5ヶ月から7ヶ月)であれば、
通常の歯科治療は問題ないです。

胎児に影響を及ぼす可能性がある初期や、母体に負担がかかる後期は、
緊急を要しない限り口の中の衛生指導にとどめるべきです。

妊娠初期2〜3ヶ月間は非常に流産しやすいので過度の緊張や、
長時間にわたる治療はなるべくさける様にした方が良いです。

妊娠初期の場合はいったん応急処置にとどめておいて、
後日妊娠4〜7ヶ月の安定期に治療をしたほうがいいですね。

スポンサードリンク


次に 歯科でのレントゲン撮影で受ける放射線量は非常に少なく、
また撮影時に鉛の防護エプロンを着用して腹部を覆えば、
レントゲン撮影による胎児への影響はほとんどないと考えられています。

しかし、その影響の可能性をほのめかすような報告もあるので、
診断及び治療に不可欠と判断されたときにのみ撮影を行うようになります。

また処方される薬剤ですが、
通常の歯科治療で使用する局所的な麻酔は問題ないとされています。

抗菌薬や鎮痛薬については注意が必要です。
抗菌薬の中には胎児に悪影響を及ぼす薬があり、
鎮痛薬の場合も母体と胎児への影響を考えると、
できるだけ飲まない方がよいと思われます。

いずれの薬剤も妊娠中の投与に関する安全性は確立されていません。

治療上の有益性が危険性を上回ると判断した時に、
最小限の量が投与されます。

そして、もし妊娠以外に心臓病、糖尿病や妊娠中毒症などを
合併している場合は、さらに慎重な対応が必要となります。 

もちろん妊娠される前に歯科的な問題を解決されておくことが必要ですが、
歯科治療が行われる場合は胎児と母体の保護が何よりも優先となります。

スポンサードリンク


posted by 歯が健康、歯がきれい at | 歯の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
EC-Cube 操作方法
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。