矯正治療中の歯の磨き方は?


矯正治療中はどうやって歯を磨くのでしょうか。
虫歯にはならないのでしょうか。

実は、矯正中は歯磨きがしにくいことから、
虫歯にかかってしまう場合もあるのです。

矯正治療中はブラケットやワイヤーがついているので
磨く場所が複雑で歯磨きに時間がかかってしまいます。

でも、毎日のブラッシングは基本的に、飲食の直後に
きちんと行う必要があります。

毎日、毎食後に完璧にというのはなかなか面倒です。

が、矯正治療中でなくても、歯の健康を保つためには必ず必要なことですので、
楽しみながら歯磨きをしてください。

矯正治療中に自分で歯磨きを管理する時の基本的な事項について調べてみました。

スポンサードリンク


歯ブラシも、歯みがきも、様々なタイプの製品があります

歯ブラシの他に歯間ブラシやデンタルフロスなどいろんな形状のブラシを
組み合わせて使うことで、より短時間に効果的にブラッシングできます。

また染め出し液を使うと磨けてない所が良くわかります。

しかし最終的には、自分では見落としがちな汚れや、
歯ブラシでは除去できない汚れなどは、歯科医院でのクリーニングで
除去されるのが望ましいです。

歯科医院などでは、次のような処置をしてくれます。

 ・歯の表面は専用の器具を使ってクリーニング
 ・歯の間はフロスを使って丁寧にクリーニング
 ・マルチブラケット装置の場合、毎回ワイヤーを外してクリーニング
 ・必要な時に、歯の表面のエナメル質にフッ素やコーティング剤を塗布

また、歯を徹底的に磨き上げる「PMTC」を行うことで、
虫歯・口臭などを予防できます。

PMTCとは専門家による専用の機械で行う、歯のクリーニングのことです。

スポンサードリンク


タグ:歯の磨き方
posted by 歯が健康、歯がきれい at | 歯をきれいに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
EC-Cube 操作方法
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。