歯が抜けてしまったら...?


何らかの原因で、歯が抜けた後、そのままにしておくことは
とても危険です。

あなたのお口の中は大丈夫ですか
抜けているのは奥歯だし、『前からは歯が抜けていることは見えないから
しばらくはこのままでいいかー』と思われていませんか。

しかし、不便を感じないとはいっても、実は大きな問題が始まっているのです。

第一に、歯は1本抜けただけでも食べものをうまく噛むことができなくなり、
栄養摂取に支障が出ます。

そして第二には、残った歯にも悪影響が出ることです。

歯がないわけですから、その部分が虫歯になるわけでも、
歯周病になるわけでもありません。

すぐに何か問題が起きるわけではありませんが、
じわじわと時間をかけて、あなたに大きなトラブルとなって
襲いかかって来る危険性が高いのです。


スポンサードリンク


歯は指のように1本1本が動くことはありません。

しかし1本1本に役割があります。
それぞれの機能を果たすことで全体が機能するようになっています。

ですから、1本無くなったままにしておくことで全体のバランスが
崩れてくることになってしまうのです。

まず、抜けた歯の隣の歯が傾きます。そして
抜けた歯と噛み合っていた歯が浮いて出てきます。
この状態で噛み合わせ全体のバランスが崩れてしまいます。

残った歯に大きな負担がかかって、歯の寿命を縮めます。

歯列が乱れて歯並びが悪くなると、歯垢がつきやすくなり、
虫歯や歯周病の原因になります

このような危険性を回避するためには抜けてしまった部分を補うことが大切です。

主な治療法として「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」の3つが挙げられます。

歯は健康作りの基です。高齢になっても自分の歯で噛めるということは
とても幸せなことであり大切な事です。

残った歯を大切にする事でも懸命な対応が大切です。

スポンサードリンク


posted by 歯が健康、歯がきれい at | 歯のケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
EC-Cube 操作方法
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。