インプラント治療は何故保険が効かない?


保険診療とは公的医療保険制度が適用される診療を受けることです。

公的医療保険とは国民健康保険や社会保険等の
健康保険、共済組合などのことです。

歯の保険診療の場合は、皆に平等に同じ費用で、悪くなった歯を
噛めるようにすることを目的とした治療に適用されます。

健康保険は命に関わる病気に適応され、必要最低限のレベルでしか
適応できないように規定されています。

ではインプラント治療の場合はどうでしょうか。

インプラント治療とは歯を失ってしまった部分に、人工の歯を埋め込んで
噛めるようにする治療です。

入れ歯やブリッジは保険が効きますが、インプラントは見た目や使用感を
目的とする治療であるため、保険が適用されません。

治療の必要な歯でも健康な歯でも、より質の良い仕上がりを求める場合には、
保険診療は適用されないのです。


スポンサードリンク


保険適用は原則として日常生活に支障がある症状に対して
行う治療にのみ適用されます。

欠損した歯の治療に関しては入れ歯やブリッジといった選択肢があるので、
インプラントは必ずしも必要な治療法ではない、というのが理由です。

そして、現在、「国の医療費が、財政に負担をかけている」といわれていますので、
高額なインプラント治療が保険診療の適用範囲に加わることは、
今後も難しいといわれています。

しかし、インプラントの技術は
設備や材料などに十分なコストを費やす事が出来る自由診療だから、
進歩したのだと言われるところもあります。

確かにインプラントの噛める機能はすばらしいです。
これは入れ歯の不自由さを体験した人には感激するくらいです。

管理人もインプラント治療が保険治療になるといいなあと思っている一人です。


スポンサードリンク


posted by 歯が健康、歯がきれい at | 歯の保険診療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
EC-Cube 操作方法
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。