赤ちゃんの歯を守る歯磨き方法


大人も子供も歯のケアは大切です。
子供の歯は永久歯より弱く、虫歯になると進行が早いです。
ですから,きちんと歯磨きすることが大切です。

では、こどもの歯磨きはいつ頃から初めていつ頃まで
サポートするのが良いのでしょうか。

一般的に赤ちゃんの歯は、生後6ヵ月くらいで下の前歯が生え始めます。
さあ、この頃からが、歯みがきのスタートです。

きちんと歯を磨くことも大切ですが,食後には歯を磨くという習慣付けをします。

生え始めの頃にはガーゼや綿棒で拭く程度で十分です。
7ヵ月の後半頃に上の前歯が生え始めます。

この時期から歯ブラシに切り替えるようにします。お母さんのひざの間に頭を
仰向けにした状態で磨くと良いでしょう。1本ずつ磨くようにします。

むし歯になりやすい奥歯の噛み合わせ4ヶ所と上の前歯は
特に注意してみがきます。


スポンサードリンク


歯ブラシを鉛筆の持ち方でにぎり、毛先を歯にきちんとあて、軽い力で
小きざみに動かしてみがきます。

手早く磨いていきます。歯磨き粉は無理につける必要はありません。
コップに水を入れておき、歯ブラシをゆすぎながら使うと便利です。

歯磨き粉はうがいができるようになってから使い始めてください。
自分できちんと磨けるようになるのは7〜8歳以降であると言われていますが、
出来るようになる時期には個人差があります。

4〜5歳くらいまではお母さんが磨いてあげます。それ以降は自分で磨いた後に
きちんと磨けているかチェックしてあげるようにするか、
仕上げはお母さんと言う具合にすると良いです。
 
6歳以降には永久歯が生え始め、乳歯と入れ替わっていく過渡期なので、
歯並びの高さが不ぞろいになります。

でこぼこ部分にも歯ブラシがきちんと当たるように教えてあげることが大切です。


スポンサードリンク


posted by 歯が健康、歯がきれい at | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
EC-Cube 操作方法
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。