入れ歯の歴史


意外なことにインプラントは、インカ文明のころから行われていたんです。           

メソポタミアやインカの文明が発祥して以来5000年以上もの長い間、
人々は抜けたところの歯の処置に試行錯誤して来ました。
そして骨に直接埋め込む方法、今で言うインプラントは、
その古代から行われていたんです。

そもそもインプラント治療の起こりは、いつなのかというと
インカ帝国時代のペルーでエメラルドの歯根が埋め込まれた
ミイラが発見されています。

中国やエジプトでは、象牙の歯が植えられた人骨が見つかっています。
古代ギリシャでは権力者が奴隷の歯を抜いて自分の歯の抜けたところに
埋めていたという記禄もあるようです。

古代ギリシャの、近代医学の始祖のヒポクラテスは
歯科治療にも造詣が深く、『歯の埋め込みもしていたのでは...。』
とも言われています。

古い時代は手術の技術も未熟であり、いろいろと不具合も多かったことは
想像に難くありません。

このため、もっと簡単に取り外しできる部分入れ歯のほうに利用が高まります。
そして近代に至って19世紀の頃まで
インプラントより入れ歯が主流になっています。

1950年代になるとチタンが使われるようになり、インプラントは
飛躍的には発展ました。
チタンはインプラント治療にはとてもマッチングした
素材だったんでしょうね。

一方、日本での入れ歯事情はといいますと...
続きを読む
posted by 歯が健康、歯がきれい at | 入れ歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
EC-Cube 操作方法
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。